September 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連リンク

無料ブログはココログ

豊洲の土壌汚染対策について

豊洲の土壌汚染対策が東京都のHPに記載してあることと異なり、建物の下には4.5mの土ではなく空間が広がっていることが判明し、大問題になっている。
しかし、東京都のHPには敷地全面に盛土をしたとは書いていない。
全部を詳細には読み切れていないのと一部公開が停止されているので多少は不安だが、少なくとも下記の資料では敷地全面に盛り土したとの記載・表現はない。単に盛土をします。という説明があるだけ。

結局 東京都の担当者はうそはいっていないと言い逃れるのかもしれません。
提言と実際の設計・施工は異なっているが、盛土をしていないわけではないということか。
専門家会議・技術会議は建物については触れていないので、地下の設計は自由?
一応スラブコンクリートはあるわけだから いいって?わけか。

盛土の設計立米数、入札条件立米数、実際の盛土立米、支払い金額と建物敷地×4.5mに必要でなくなった立米を計算すればどのぐらいの土=お金が闇に消えたかわかるのではないでしょうか。

万全な土壌汚染対策
専門家会議、技術会議の説明は「対策を提言」としており、これを実行したあるいは実行しているとの言葉はない。


土壌汚染対策についてわかりやすくまとめた動画
盛土の状況ずに建物が一部出てくるがその地下断面図は映っていない。

疑問解消ブック2ページ工事概要の表には盛り土の文言さえない。
4ページ工事の進め方に盛土することが絵にかいてある。建物は姿がない。

築地市場の移転整備
5ページ 万全な土壌汚染対策を実施します。
専門会議・技術会議の科学的知見に基づき、土壌汚染対策を取りまとめました。
東京都の土壌汚染対策の文言には盛土の表記はなく、概念図にきれいな土をもります。とあるだけ。
建物の絵もありません。

技術会議報告書
これには18ページ21ページに埋め戻し・盛土が表記されているが、建築物に関しての提言はいっさいないため
建築物を設計する際に盛土の後に掘削してはならないとは書かれていません。

NHKの報道姿勢について

1年前の話でなんですが、2015年8月30日の国会前 安保法制反対デモのNHKニュースでの取扱量が少ないのではないかと思い、2015年9月2日にNHKに問い合わせました。

あれだけの人が参加したデモだったのに、扱われたのは18時と19時のニュースで以下の題目です。

18時 • 安保法制 野党党首連携 デモ現場から中継 :あくまで野党党首が主体
19時 • 安保法案 各地で反対集会            :国会前のデモの参加者数がわかりにくい扱い
    • 安保法案審議 参院では              :国会内の話

というように扱いが極めて限定的だと感じました。いうなれば政治的内容について公平であるべき放送が
事実をありのままに伝えることを怠って、ことさら矮小化したニュースになってしまっているということです。
編集権をたてに編集方針は明らかにしないとのことですが、公平性ということに疑問があるこの状況では
どうして取扱が少なかったかは明らかにしないと、公平性への疑いが晴れません。
ということはNHK全体について疑念が生まれ信頼が失われるということです。

回答がないので9月9日に再度といあわせましたが、1年たっても音沙汰なしなので今年9月に入ってまた回答を求めました。
返答は回答しているとのことでしたが、2回とも自動応答メールの返信だけしか受信できていませんでしたので原因調査と、編集方針は明らかにしないという点について再度問い合わせました。
本日の回答は下記のとおりです。

NHKからの2016年9月9日14時9分のメール

>NHKの番組をご視聴いただき、ありがとうございます。
>お問い合わせの件についてご連絡いたします。
>
>09/02 14:30:11にお送りいただいたしたメールの問い合わせは、冒頭文のみ記載しま
>すが、『8月30日に行われた安保法制反対デモに関するニュース報道の取り扱いが、
>他のニュースに比べて少ないと感じました。18時19時のニュースで2,3番目で
>取り扱われているだけです。国民が求めている事を消極的に報道する番組構成にした
>理由をお聞きしたいと思います。・・・・・・』という内容でした。
>そのお問い合わせに対しまして、09/02 15:38:52に次のお返事を差し上げました。
>冒頭と最後のあいさつ文は、省略します。
>
>『NHKでは、ニュース報道については、報道機関として自主的な編集判断に基づい
>て放送しています。
>
>また、放送にあたっては国内番組基準を設け、この中で、全国民の基盤に立つ公共放
>送の機関として、何人からも干渉されず、不偏不党の立場を守って、放送による言論
>と表現の自由を確保し、豊かで、よい放送を行うことを明記しています。
>この基準に基づいて、報道の担当責任者が具体的な対応を判断してニュースおよびニ
>ュース番組を制作しています。
>
>ニュースの放送項目の選択および放送する順番については、編集責任者が、日毎にそ
>の日一日に起きた政治・経済・社会・国際・スポーツなど様々な分野のニュース全般
>を見渡しつつ、内容の重要度や緊急度、さらには視聴者の関心の度合いや広がりとい
>った要素はもとより、深刻なニュースと明るいニュースのバランスなど、様々な要素
>を勘案して決めています。
>
>また、お伝えする時間も限られていることもあり、放送時間内に何を柱に立ててお伝
>えするのか担当者で検討を行うほか、取材の段階においても取材担当者が焦点を絞る
>など取材方針を決めて臨んでいます。
>
>NHKのニュースの内容、構成は、まさに編集権に関わることですから、NHKの報
>道編集責任者が決めています。
>
>なお、個別のニュースの編集判断につきましては、お答えをしておりません。』
>
>今回、再度のお問い合わせをいただいていますが、これ以上のお答えはありません。
>以上、ご連絡申し上げます。
>
>今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
>お便りありがとうございました。
>
>NHKふれあいセンター(放送)

«人類はかってないほどの富と力を持っている。